人の特性をつかんで効果を上げる方法

人の特性をつかんで効果を上げる方法

人は何か目標に向かって物事を進めようと試みても、なかなか思ったように成果が出ないことがよくあります。
その時に人の特性や傾向を知っていれば様々な対策も立てやすく、進展を図りやすくなるでしょう。

人は忘れやすい

記憶は短期記憶と長期記憶に分類されます。強烈に印象に残った情報は長期記憶として簡単に引き出せますが、重要でないと判断された情報は簡単に忘れてしまいます。毎日起こる情報を全て正確に記憶する事は、脳にとって非常に負担になるのです。

対策 メモをする

忘れる事を防止する有効な方法はメモを取り記録に残す事です。特に意味の無い数字等は、何かに紐付けしてあげない限り忘れやすい対象です。人は簡単に忘れる特性が理解出来ていればメモを取ったり、すぐに思い出せる環境を作る事が可能になります。

違う事を同時に出来ない

これは脳の中の情報処理が並列に処理できない事を意味しています。違う行動や判断が必要な時はそれらは同時進行ではなく、それぞれ交互に意識して切り替えないと上手く作業を行えません。

対策 1つの事に集中する

対策としてはやるべき事が沢山ある状況であれば、まずやるべき作業の項目を書き出して内容を把握します。そして優先順位を決めて一つづつ集中して進めるべきです。その方が同時進行よりも効果があるでしょう。

楽な方へと向かう

人は意識をしないと楽な方へ流されます。一見、大変な取り組みに見えるような事は誰だってやりたくはありません。しかし、結果を出して効果を上げている人は大変な取り組みの後のメリットを十分に認識しているのです。

対策 モチベーションを意識する

これをやれば将来どんな結果が待っているのか、深層心理まで行えば楽な方へと向かう行動を変えることが出来ます。目の前にある楽な事柄よりも今苦しい経験をして果実を後回しに考えられる人は、より大きな果実を手中に収めることでしょう。

毎日繰り返し同じ事をしたくなる

一つの内容を毎日違った時間にやるよりも、同じ時間、環境、業務量で実施をした方が容易に物事が進められるのは皆さんご存知の通りです。ただ、今まで全くやっていなかった方が、いざ新しいことにチャレンジして毎日実践するのは誰にとっても難題です。

対策 習慣化する

毎日の行動は慣れるまで少しづつ進め、習慣化することが良い仕組みとして機能するでしょう。ここで重要なのは、最初から大きく進捗を図って挫折するよりも少量の手掛けられる程度から徐々に進めて習慣化してしまう方が得策だという事です。

1時間程度で集中力が切れる

集中力が必要な作業には時間的な限度があります。もちろん、業務内容や個人差、熱中度によっても集中力の持続時間は変わってくるでしょう。ただ、機械とは違い、人の集中力が続く時間は1時間から1.5時間程度が一番効率良く進められる時間です。

また、単位ごとに気分転換を図る事は次の業務を効率良く進める為に必要なリフレッシュ時間です。

対策 単位ごとに気分転換を図る

気掛かりがあるとパフォーマンスが落ちる

ちょっとした事でも何か気掛かりな事がある時には脳のリソースを使ってしまい、パフォーマンスを最大限に活かし切れません。気掛かりな事がある時は、大抵やらなければならない事だったりします。

そういった時は、不安を見える化して心の不安を解消させましょう。時間であればアラームを設定したり、行動であれば紙に忘れてもいいように記載するなどの対策を取れば、これだけでも随分気掛かり解消されるはずです。

対策 不安を見える化して解消する

疲れがあると進まない

誰にとっても同じ事ですが、疲れている状況の時には、なかなか思ったように作業は進みません。一番いけないのは、疲れているのだから明日にしようと先延ばしにしてしまう事です。一度やってしまうと人は弱いもので、同じ事を繰り返します。

しかし、反対に疲れているのに決まった一定時間を無理にやろうとしても能率が上がらない時があります。そんな時は、まずほんの5分間だけでいいのでやってみて下さい。自然と疲れが気にならなく、進められる場合もあります。

5分程度やっても難しければ無理に進める必要はありません。思い切ってやめてしまえばいいのです。こうすれば習慣化は遵守され、能率の良い時に進められるだけ進める事が出来るのです。

対策 休憩時間を作るか又はあえてしない

やりたくない時は言い訳を考える

人は色々な場面で自己防衛反応が働きます。やりたくないと判断を下した時には、理性に働きかけて説得を試みても、拒否反応で脳がやる気を失います。そう言った時はやらないか、やれない言い訳が先行して頭に浮かび、消極的な態度となってしまいます。

これに対応するには、これをやることによって自分の将来にどんなメリットが起こるのかを理解する事です。例えば、目の前に好きではない野菜があったとします。通常の反応でしたら、自分にとって美味しくないので食べたくない反応が出ますが、これを克服する事によって好き嫌いが無くなり、健康的でダイエットにも繋がります。

対策 やればその結果、何が起こるか想像する

量が多いと投げ出したくなる

やるべき業務を全体像で捉える事はとても重要な事ですが、かえってその業務量に圧倒されてしまい、やってもやっても終わらない心理状態になってしまう事もあります。そこでまず、業務量を分割して小分けにし、ここまでやったら休憩に入るという様に工夫すれば達成感も味わえます。

なかなか業務内容を分ける事が難しいのでしたら時間で区切るのも良いかも知れません。要は達成感を味わって次のステップに繋げる心構えを作る事です。

対策 少しづつセクション分けにする

モチベーションが高いとはかどる

どんな事に対してもそうですが、高い目的意識を持って業務に当たれば、通常より業務を早く進める事が出来ます。そういったモチベーションの高い時こそ、時間に制約を設けずに進めれば大きくはかどります。

また、モチベーションを上げる方法は人により異なりますが、今やっている事が成功した後のイメージを膨らませておくと、モチベーションを高く維持する事が出来ます。

対策 その時こそ時間を決めずに進めるべき

急なイベントが割り込むとやるべき事を忘れる

何かに集中している時に、予期しないイベントが起きると意識をそちらに向けられて集中力を削がれてしまいます。これを回避するには環境を整備することから始めましょう。まず、携帯電話をマナーモードにして、静かに集中出来る空間を確保します。

対策 外部からの情報を遮断する

Otherカテゴリの最新記事