将来の為にお金の貯まる仕組みを作ろう

将来の為にお金の貯まる仕組みを作ろう

将来の為にお金の貯まる仕組みを作ろう

各個人が責任を持って自己の老後の資金を準備する

今の時代、少子高齢化の影響で若い世代の納税額は年々上がっています。また、将来の年金額は非常に逼迫している為、受給額は引き下げられ、受給年齢は段階的に引き上げられる可能性が高くなります。

この様な状況により、今の若い世代においては公的年金だけでは不足する分を各個人で準備をして、老後に備える必要があります。

老後に対する問題点

老後に対する問題点は、今現在の生活水準をそのまま維持しても、すぐには問題は起こらない為、貯金という行為を緊急度の低い優先順位に回してしまい、日々の生活の楽しみや生活を優先させてしまう事にあります。

また、日本はバブル期以降に失われた20年と言われた給与が上がらない時代を経て来ました。この様な時代背景があり、老後に備えるだけの余裕のある老後資金の確保が非常に難しかった事も理由の一つでしょう。

老後の資金が充分では無い状況に陥ってしまうと、いざ年金を貰う年代になった時に『こんな筈では無かった…。』と頭を抱える事態にもなりかねません。

また、現代は初婚年齢も上がり、老後の資金を貯めておくべき時期に子供の教育費等が掛かり、計画的に貯める事が難しいという側面もあります。

今から準備する重要なポイント

準備は今からでも遅くはありません。情報を知り、行動を起こそうと考えた日に実際に実践する事が大事なのです。この記事をみた事がきっかけとなり、明日からではなく今日から自分自身の将来の為に準備を進めてみませんか。

心の中で強く思っても、人間はすぐに忘れてしまう

人は一度に2つの事を同時に考える事は出来ません。計算しながら他の事を考える時は、交互に考えることで対処しようとします。そして、他の事に気を取られると一つ手前の事は忘れてしまう事もあります。

これは悪いことばかりではありません。悲しみにくれた事を忘れる最も良い方法は楽しい事を見つけて心を満たす事です。人は頭の中で考えていても、他の情報が入ってくると、他の事は忘れてしまいます。

ここでの教訓は、心の中で強く思った時に、すぐに紙に書き出して忘れない様にする事と、すぐに忘れないうちに実行に移す事です。

仕組みを作り利用する

心の中で強く思って実行しても忘れやすい人間の特性から、重要な事を継続する良い方法は毎日決まった時間、毎週定期に習慣化する事と忘れていても自動的に対処する事が出来る様に仕組みを作ってしまう事です。

仕組みの枠組みさえ最初に作ってしまえば、いくら途中で忙しくて忘れてしまっても自分の代わりに仕組みが上手に機能してくれます。毎月の給料から一定額を貯金や投資に回すのは非常に良い仕組みです。

思った日が最良の日

いつかやろうとしていて、つい先延ばしになり、結局やらなかった経験は誰にでもあるのではないでしょうか?きっかけはそれ程多くはありません。大抵は緊急に駆られて重い腰を上げて対処する事が多いのです。

そういった事態の時には、時すでに遅しとなっている場合も考えられます。早ければ早いに越したことはありません。

色々な条件は人それぞれです。まだまだ先と考えたり、あるいはもう遅すぎたと思わずに、今からお金の貯まる仕組みを作ってすぐに実行してみましょう。

Otherカテゴリの最新記事