歴史的な低金利時代に必要な事

歴史的な低金利時代に必要な事

歴史的な低金利時代に必要な事

資産を殖やす為の努力

現在は非常に金利が低くなっており、銀行に資産を預けてもほとんど資産は殖やせません。この様な時代には、資産を殖やす為の工夫や努力が必要になります。その工夫や努力を継続して達成した人のみが、資産を殖やしていける時代となりました。

まず、どうやって資産を増やせるか戦略を立てます。仕事の給料を貰って働いている方は過労防止の働き方改革の影響もあり、残業代等の手当てが減り、手取りがなかなか上がらない方も多いのではないでしょうか。

副業を検討してみる

一つの対策としては、今の仕事とそれ以外の複数の業務です。平成30年1月より政府は副業を認める方針を明らかにして、副業・兼業の促進に関するガイドラインを策定しています。これは一つの給与に頼るより、複数の収入があれば所得を増やす事が出来ます。

この複数の収入は副次的なメリットもあります。それは自分の得意な特技を伸ばしていける事と、副業から定年後も働ける仕事の糸口を見つける可能性を広げる事ができます。

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000192188.html

出典:厚生労働省

公的機関からの助成金等を調べる

消費税の増税や社会保険料の負担増もあり、会社員にとってはとても大変な時代に突入しましたが、今の時代は公的機関から様々な手当てを受ける事が出来ます。

各種助成金等の手当ては、今住んでいる市区町村等の地域によっても異なります。その内容を知っていて申請した方のみが受け取れますので、一度受け取ることが出来る助成金があるか調べてみる事をお勧めします。

不労所得を得る

収入を元本保証でほとんど殖やせない預金のみに頼るより、ある程度の金額は上手に投資に回した方が将来の資産をより多く手にすることが出来るかも知れません。

また、不動産投資等の知識を活用して自ら働かなくても収入を得る仕組みを作れば、将来に渡って定年後も安心する事が出来るでしょう。

ファイナンス知識の向上

一番効果があり、まず最初にすべき事はファイナンスの知識を向上させる為に、相応の時間を読書に投資する事です。そして本に関する感想を持つだけでなく実践する事に意味があります。

言い換えると、スポーツ選手の解説者になるのではなく、実際にプレーするスポーツ選手になる事が非常に重要です。ありがたいことに、ファイナンスの知識は運動能力は必要ありませんし、大学院で研究をするような高度な知識は不要です。

ただ地道にファイナンスの知識を向上させて実践していく過程が実を結び、資産を殖やしてくれるでしょう。将来の貴重な資産を殖やしてくれるのは、他の誰でもなく自分自身の日々の過ごし方で決まります。より良い未来になる様に今から準備して行きましょう。

Otherカテゴリの最新記事