投資は目的地に向けての旅

投資は目的地に向けての旅

投資は目的地に向けての旅

皆さん、旅行は好きでしょうか?旅行は新しい場所や風景が好奇心を掻き立ててくれ、日常の生活とはまた違った環境が良い刺激となり楽しみをもたらしてくれます。また、その土地の美味しい料理やお土産も楽しみの一つかも知れません。

この旅行は人によって訪ねて見たい場所も違いますし、体験してみたい環境も様々です。また、移動手段も多岐に渡ります。一方で投資をする時の選択肢も多い中、旅行と投資のこの二つの類似点を色々と考えてみました。

様々な人々の旅行

投資の目標を決めない人の旅行

ただ単に目標を決めずに投資をする人は、訪ねる国を決めずに旅行をする人と同じです。どこの国の何の観光をしたいのか明確になっていないと旅行に行く事自体が目的となってしまいます。

目的地が本当に自分の行きたい場所かも分からずに進む為に、本来行きたい場所より遠く離れて行っても本人は全く気付きません。投資も同じ事が言え、投資の目的や方針を決めないと投資自体が目的となってしまいかねません。

仮想通貨の取引をする旅行

仮想通貨は行き先不明のバスに乗る事になります。皆が乗っているからと一緒に乗り込む行き先は、煌びやかな都市か荒廃した土地か行き着いて見ないと分かりません。

仮想通貨を否定するつもりは全くありませんが、実態(旅行で言うと乗り物の行き先や内容)が分かっていないとどこに行き着くかは本当に運次第となってしまいます。良く内容を把握してバスに乗り込む事をお勧めします。

貯蓄だけをする人の旅

貯蓄に励む人はゆっくりと目的地に向けて歩くのと同じです。しかし、その先は果てしなく遠く、一生目的地に辿り着かずに歩き続ける人が多くいます。

移動手段(資産を作る手段)は一つではありません。旅行の目的に合った移動手段を選択する事で、より早く楽しく旅行を楽しむ事が出来るでしょう。

プロの投資家の旅路

プロの投資家はまず始めにしっかりと目的地を確認し、移動手段を検討します。だからスムーズに移動出来て無駄な時間と料金を掛けません。その時の一番良い方法で目的地に辿り着く事が出来ます。

旅行中でのアクシデント

旅行中では無い方が嬉しいアクシデントですが、時と場合により発生する事があります。予想できるアクシデントは事前に準備をする事で回避出来ますが、突発的なアクシデントも無いとは限りません。

旅行で雪山の登山に行くのに準備を怠り、軽装で行く人はいないと思います。それと同じ様に投資においても色々な手段を講じてアクシデントに上手に対処したいものです。

投資にも旅行にも大切な事

投資や旅行を成功に導くポイントは、事前の準備が欠かせません。そして、一度走り出したら思いっきり楽しむ事です。

Otherカテゴリの最新記事