IPOにオススメの証券会社

  • 2018.01.21
  • IPO
IPOにオススメの証券会社

IPOにオススメの証券会社

IPOを申し込みする時に最低限、開設しておきたい証券会社を挙げておきます。

お勧めする証券会社とその特徴

野村證券

国内の最大手の証券会社です。主幹事を務める事が多く、野村證券に入金していなくても抽選申し込みが出来る点が個人投資家にとっては非常に嬉しい特徴を持っています。

引受け株数の10%以上を完全抽選制のオンライン口座に配分されるので、IPO投資を考えているなら必ず開設をしておきたい証券会社の一つです。しかし、その反面で加入者数は非常に多い為に当選するまでに根気がいるでしょう。

大和証券

こちらも主幹事会社を務める事が多い証券会社で、

SMBC日興証券

特にIPOの取引をする回数が多い証券会社で、取り扱う主幹事会社も年々増えています。一人一票の完全平等抽選となっていますので、IPOを狙っているのであれば、こちらも外せない証券会社になるでしょう。

SBI証券

主幹事会社こそ多くはないものの、取扱銘柄数は非常に多い為に、ほぼ全てのIPO取引に申し込みをする事が出来る証券会社。SBI証券独自のの特徴としてIPOチャレンジポイントが挙げられます。

これは、IPOを申し込みをして外れた時にポイントがその都度貯まり、ポイントを使用しての申し込み時は当選確率が高くなる事です。この制度により何度も外れた方は優遇されて当選する確率が上がります。

マネックス証券

マネックス証券の最大の売りは、100%の完全抽選制を採っている制度にあります。取引実績や資金量に左右されない完全抽選制は個人投資家にとっては心強い証券会社となるでしょう。

三菱UFJモルガン・スタンレー証券

東海東京証券

準大手証券会社となりますが、IPO取扱数も大きい割りには口座開設数が大手に比較すると少ない為に当選確率が高いメリットがあります。また、10%の完全抽選制を採用しています。

みずほ証券

岡三証券

ライブスター証券

楽天証券

IPOカテゴリの最新記事