IPOで稼いでみよう

  • 2018.01.08
  • IPO
IPOで稼いでみよう

IPOで稼いでみよう

株で利益を上げるには相応の知識、経験、時間が必要となります。初めて証券会社で取引をする際には、色々と対象企業を調べて比較検討する事と思います。そんな検討をする企業の中でも値上がりをする株を見つけてタイミングよく売買をするのは個人投資家にとっては難題です。

個人投資家のそれぞれの環境により、株式投資に関する調査の時間を取る事が出来るのは限られた人だけでしょう。しかし、IPO株で取引をすれば、事前の該当銘柄について綿密なリサーチをしなくても高い確率で利益を確保する事が可能になります。

IPOとは

IPOは Initial Pablic Offeringの略で、日本語に訳すと新規公開株や新規上場株式と呼ばれます。また、IPO株で利益を上げる取引をするには、公募価格で購入したIPO株を初値で売る事で利益を確保します。

POINTここで公募価格とは、正式に市場で売買される前の仮の株価・初値は取引所で公開され、誰でも売買可能になった株価の事。

何故、IPO株での取引は利益が出やすいのか?

これは、皆さんが一番知りたい情報かもしれません。通常の株取引では、例えば東京証券取引所で株の売買を行う場合、株を売りたい人と株を買いたい人の株価が一致した時に売買契約が成立して株価が決まります。市場の需給によって株価形成が促されるわけです。

一方、IPO株はまだ上場していない為に取引実績が無く株価が決まっておりません。そこで、同じ分野・規模等の会社を参考にして公募価格が決定されるのですが、スムーズな資金調達を実施する為にある程度の割安価格で決まる事が多いのです。

また、IPO株は誰でも購入することは出来ません。上場する会社の取引のある証券会社から数量限定の抽選によって当選する必要があります。
その結果、当選して割安のIPO株を上場後に上手く売却出来れば、大きなリスクを負う事なく利益を手にする事が出来るのです。

それでは、新規上場をする会社側から見た、IPO取引の流れを簡単に説明しておきましょう。

新規上場をする会社側から見た、IPO取引の流れ

1.監査法人(公認会計士)を決定して上場する準備をする

株式上場は企業の価値が株価に反映されます。

2.監査新規上場会社が主幹事会社を決定する

上場時の募集をかけたり、売り出しをする為に必要となります。

3.外部株主等から承認を得る

外部主要株主や銀行等から折衝を実施します。

4.株式の公募価格が決定されて新規公開株を売却する

IPOの株価を購入希望者にヒアリングを取り、抽選により当選者が決まります。

驚異の勝率

過去の実績から導き出された勝率を見てみると、非常に高い確率で公募価格より初値の方が高い価格となっています。(2017年は89.4%の勝率)また、例えば2017年に取引された全てのIPO銘柄を購入出来たと仮定した場合、利益の合計は1,000万円を超えています。

これは、初めて株取引をしてIPO取引と同じ勝率に持っていくのはとても難しい事かと思います。しかし、IPO取引の場合は値上がりする銘柄が多い為に誰でも簡単に利益を得るのが容易になります。

勝率を上げるための戦略

まず、普通に証券会社の口座からIPOの抽選に応募しても確率から考えて、当選することは非常に難しいでしょう。それは、同じ様にIPO株で取引をして利益を確保したいと思う方が非常に大勢いるからです。

そこで少しでもIPO銘柄の当選する勝率を上げるために複数の証券会社から申し込みをする方法を検討してみてはどうでしょうか。いくら勝率の高いIPO銘柄でも、中には公募価格より価格が下がる銘柄も見られます。銘柄選定には気を付けましょう。

IPOカテゴリの最新記事